黄昏のビギン

アクセスカウンタ

zoom RSS JR線路内に絶対入ったり飛び込むな!

<<   作成日時 : 2018/06/15 08:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最近、新幹線やJRで事故が続いています。
いい加減にしてほしい。
自殺するなら違うところでしろって、そんなに死にたいのなら
迷惑が誰にもかからないないところでしろって思う。
どれだけ迷惑が掛かってるかと・・・
いい年して考えろって思う。

新幹線で自殺とか考えられない
入れないようになってるのに
運休で払い戻し金額も相当だろうと思う
まさかで利用できなかった人たちにどれだけ迷惑が掛かったかと思うと
信用もそうだし
世界の日本が誇れる新幹線なのに
全く困ったものです。
これからまさかの事が起きうるということで対策費用も相当掛かるだろう
殺人事件もあったし,新幹線の安全神話も崩壊したということでしょうか?
日本人の道徳心とか低下してるからかもしれない。
日大の対応もそう、栄監督や学長の対応なってないし
最低な大人の対応で逃げ切れば大丈夫みたいな
こんな人が教育の最前線でいることが間違い
変な人が多くなってるのも確か

新幹線の問題は大きくて
オリンピックや観光大国を目指してる日本には三種の神器です。
対策はどうするんだろう
国家ぐるみでやらないと
国会議員さん、することはいっぱいありますよ。
遊んでる場合じゃないですよ。

画像

         この画像は今回の事故とは関係ありません


今回の事故の内容は

14日午後、JR山陽新幹線の小倉駅(北九州市)を出発した博多発東京行き「のぞみ176号」(700系、16両編成)の先頭車両のボンネットが破損しているのがわかり、緊急点検の結果、ボンネット内部から人体の一部が見つかった。運転士は博多(福岡市)―小倉間で異音に気付いていたが、点検をせず、新下関駅(山口県下関市)まで走行を続けていた。昨年12月の新幹線台車亀裂問題を受け、JR西日本は異変を察知すれば運行を止め、安全確認する方針を示したばかりだった。

 山口県警下関署やJR西などによると、午後2時10分頃、小倉駅を発車したのぞみ176号の先頭車両のボンネットが破損しているのを、すれ違った新幹線の運転士が発見。次の新下関駅で車両を緊急点検したところ、ボンネットは先端が大きく割れ、内部から性別不明の人の胴体の一部と腕などが見つかった。先頭車両の表面には血のようなものも付着していた。

警察によりますと、車両の壊れた部分と北九州市八幡西区上香月の線路上で、人の体の一部が見つかっていて、はねられた人は八幡西区のアンダーパス付近から侵入した可能性があるとみて調べています。

 この事故により、山陽新幹線の広島−博多間は上下線とも終電まで運転見合わせとなり、JR西日本は、足止めされた乗客のために休憩用列車を準備し、パンとお茶を配りました。

 「ギリギリまで動くか、動かないかわからない状態だったので、ずっと待っていたんですけど、だめでした。もう会社に言いました。遅刻しますって」(運転再開を待つ人)
 「ホテルも全然取れなくて。ちょっと年配の方が疲れているのか。若い方は、もうしようがないかという感じで」

 JR西日本によりますと、この事故で76本が運休するなど、およそ4万1500人に影響が出たということです。
だれが責任をとるのかと
JRに飛び込んだりここで死のうなんてやめてほしいものです。
ホント馬鹿かって思います。







≪JR西日本商品化許諾済≫JR西日本 北陸新幹線に変身パタパタボールペン
しろたんタウン
【サイズ】:全長約13.4cm ◇赤・黒2色 

楽天市場 by ≪JR西日本商品化許諾済≫JR西日本 北陸新幹線に変身パタパタボールペン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

JR線路内に絶対入ったり飛び込むな! 黄昏のビギン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる